トピックス

対アコム過払い金情報:60万円が110万円に(伊集院簡裁)


10年の時効経過・貸金業法改正・多くの方が既に手続き済み等の理由で、

めっきり受任件数が減ってきた過払い金事件ですが、

当事務所には、まだまだご依頼案件がございます。

 

ということで、今日は大手消費者金融アコムの過払い金事案についてです。

ご多分に漏れず、本件についても、アコムとの間で計算方法に争いがございました。

610日間の空白期間の存在をどう捉えるか?が、本件の、主たる争点でした。

空白期間前の最終取引時は、平成14年。

ということは、アコムの主張する、空白期間の前後で、別計算すべきということになると、

空白期間前に発生している過払い金は、全て時効にかかりゼロとなってしまいます。

裁判前の任意交渉の段階では、この別計算をベースにした60万円返還というのが、

アコムの和解案でした。

 

本件のようなリボ取引における空白期間の捉え方については、

その空白期間が同一の基本契約内における空白期間かどうか?が大きく影響してきます。

幸いなことに、本件は同一基本契約内だったのです。

つまり、完済時、取引再開時いずれいおいても、解約をしていなかったのです。

同一基本契約内の空白期間は、原則前後を通じて、一連計算ですから、

分断計算ベースでは話にはなりませんので、一連計算で伊集院簡易裁判所で裁判となりました。

裁判後、再度交渉となり、同一基本契約内の分断期間であることを主張し、

交渉を続け、結果裁判前の60万円が110万円となり、和解に至りました。

アコムの取引履歴には、解約、契約等の記載がでてきます。

なので、同一基本契約なのか、別なのか、一目瞭然です。

今回と同一の610日の空白期間で、仮に基本契約別だったなら、

一連認容はかなーーーり厳しいです。

 

ということで、過払い金の相談に行こうかどうか迷っている方、

迷って時効にかからないうちに、専門家に相談することをオススメします。

専門家でも、時効にかかった過払い金を回収することはできませんので。

PS

過払い金は、10年という時効があります。

10年前は、平成21年。過払いバブルと言われた時代ですね。

つい最近にも感じます。

こうやっている間に、一日一日、膨大な過払い金が時効によって消滅していっていると思うと、

貸金業者のほくそ笑む姿が目に浮かびます。

過払いバブル時代には、死に体だった消費者金融が、かなり息を吹き返している現状をみていると、

時代の流れというものを感じます。

今、死に体なのは、債務整理・過払い金に特化した司法書士・弁護士事務所かもしれませんね笑。