トピックス

不動産購入時の登記手続きを行う司法書士を、ご自分で選びたい方へ


1戸建て、マンション、一棟もの、土地のみ等

その種類を問わず 不動産を購入したら その不動産の登記簿上の所有者を

買主さんはご自分に変える手続きが必須です。

そして この手続と代金決済は同日に行われることが一般的で

他に 住宅ローンを設定したり 売主さんの住宅ローンを消したりといったことも

事案に応じて 必要になってきたりします。

そこで その手続を代理で行うのが司法書士なのですが

(関係当事者が許してくれるのであれば ご自分で手続きを行うことも可能です)

その 司法書士をどうやって選ぶのか? 選ぶとしたら どのような司法書士を選べばいいのか?

なんですが

 

結論から言うと ほとんどのハウスメーカーや不動産仲介業者には

懇意にしている司法書士がいますので 勝手に紹介してくれます。

そして 差し支えなければ その司法書士に依頼して問題ないと思います。

ご自分で選びたいのであれば ネット・電話帳などで探してみてはいかがでしょうか。

はっきり言って どこの誰に依頼しても結果は変わらないので どこの誰でも良いと思います。

(報酬は自由化されてますので 司法書士報酬は変わってきますが

登録免許税等の実費が変わることはありません)

どうしてもご自分で 司法書士を選びたいという方は

最近はホームページを持っている司法書士事務所も多いので

参考にされてはいかがでしょうか?

 

当事務所へもお気軽に是非 電話・メール・飛び込み等問わず

お問い合わせくださいませ。

簡単な質問・費用問い合わせであれば その場でお答えさせていただきます。

 

 

PS

なかには うちは指定の司法書士以外に頼むことは出来ませんよという

業者もいます。 そこには それなりの理由があるのかもしれません。。。。

 

PPS

個人的にはこのような手続き代行的な仕事は

AIの発達によってなくなって然るべきだと思っています。

仕事がなくなって 司法書士の方々は困っても

一般の方々はよくわらん司法書士報酬なんてものを払う必要がなくなるのですから。

(ここが問題解決型業務と手続き代行型業務の違い

:手続き代行型業務でクライアントにとても喜ばれることなんて皆無です

もともと困ってない所に発生する無駄なお金という認識でしょう。ほとんど)